私はアパート建築を選んだ

1棟所有すると必ず2棟目以降が欲しくなる

アパートやマンション経営は、1棟所有すると必ず2棟目以降が欲しくなると、不動産投資本に書いてありましたが、全くその通りだと実感しました。
つまり、不動産経営は行うまでは不安がありますが、行ってみると案外簡単で、管理も管理会社に任せてしまえば、手間暇もかかりません。
こんなに簡単で楽しいのであれば、なんでもっと早く行わなかったのかと後悔もしました。
さて、その2棟目の物件ですが、所有している土地にアパートを建てるか、別の物件を購入してリフォームして貸すかを検討することになります。
もしも2棟目も戸建の賃貸であればそれはそれで構わないのですが、規模を勢いよく増やしたい場合には、戸建の賃貸だと不動産投資の拡大のスピードも遅いのがデメリットと気づきました。
スピードを速めたければ、もう少し大きめの物件を購入したほうがよいのではと考えました。
実際不動産投資の書籍にも似たようなことが書いてある本もあります。
しかし、大きめのアパートやマンションを一棟買いするには、銀行からかなり大きな資金を借りなければなりません。
それには気の小さい私は躊躇してしまいました。
そこでやはり、所有している土地にアパート建築をすれば、土地代が掛かりません。
その分銀行からの借入金も減りますし、建てたアパートの利回りも大きくなるというメリットも生まれるのです。
思い切ってこの所有している土地にアパートを建てることにしました。

もう一つの収入源が欲しい1棟所有すると必ず2棟目以降が欲しくなる物件を少しずつ増やす予定でいます