私はアパート建築を選んだ

もう一つの収入源が欲しい

もう一つの収入源が欲しい1棟所有すると必ず2棟目以降が欲しくなる物件を少しずつ増やす予定でいます

会社に週5日出勤をして、毎月定期的に給料をもらうというのは、比較的安定している行為です。
しかし会社はいつどうなるかわかりません。
ですからその当時私が考えたのが、もう一つの収入源が欲しいという事でした。
収入の柱が2つあれば、もし自分の実に何かが起きて、働けなくなったとしても家族が路頭に迷う可能性が低くなります。
では、どのような副業をすればよいのかと迷うところですが、インターネットを利用した小遣い稼ぎもしましたが、最初は稼げるのですが、だんだん自分が稼げる金額に限界を感じ、他に何か良い手段がないかと探しました。
その結果、不動産投資をするという選択でした。
私は幸い土地を所有していたので、そこにアパートを建てることを決めました。
ですが、アパート経営は私にとって敷居が高く感じていましたので、まずは中古の戸建てを購入して、一世帯だけを貸す大家になることに決めました。
親の援助等もあり、一戸建てを現金で購入して、中古だったのでリフォーム等を施して貸すのです。
入居者は入るのだろうかという不安もありましたが、やがてあるファミリーが入居してくれました。
決まった時はとてもうれしかったのを覚えています。